私、体を張らせていただきます! 肥満、爪水虫、白斑の三重苦を克服するぞ!?
肥満、爪水虫、尋常性白斑!私、三重苦の体を張って、皆さんに治療過程を報告したいと思います。先ずは、今まで治療が一番難しい--とされてきた白斑から。ちなみに、私(わたくし)と読んでくださいね~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
白斑と両親 2
さて、子供の立場から敢えて言わせていただくと、母親って、時々、子供を私物化しているな~って感じさせる言動を取りません?

まあ、これは言い過ぎだとしても、自分のお腹を痛めて生んだからこそこの世に誕生した--っていう思いが、子供を自分の一部というか、自分の化身というか、そういう風な考えに至るというか。子供に対しては何を言ってもいいんだ--みたいな甘えというか、思い違いというか、そういうのを自分の母親から感じることが多々あります。

例えばですが、子供の頃、私は母親と一緒に洋服を買いに行くのがイヤでイヤで。どうしてかと言うと、こんな訳なのです。

当時は利根川流域の物凄い田舎に住んでいましたから、洋品店と言っても、一番近い駅の駅前に小さなお店がふたつ、みっつ。そこへ二人で行って買い物をする訳ですが、母親は必ずお約束のように、「この子は色が黒いから、何を着せても似合わない。張り合いがない」って。

親子で洋服を選んでいる姿は、事情を詳しく知らない人が傍から見ると微笑ましく映ったりしますよね。「まあ、娘さんとお買い物? 楽しそうね」とか、知り合いに声をかけられることもあります。すると、母親は照れ隠しなのか古い人の謙遜の気持ちからなのか、「この子は色が黒いから……」って始まるのです。

買い物の途中で知り合いに会わなかった場合は、会計を済ませた後、お店に人に向かって、「この子は色が黒いから……」って。必ず誰かに言わないと気が済まないみたいで、私は母親と一緒に洋服を買うたびに、そう言われ続けて来たのです。

さすがにイヤになるでしょ? それでね、私はもう母親と一緒に買い物をしたくなくて、考えに考えた挙句、とっぴな行動に出るのですよ。

当時、私は小学生の5、6年生になってました。この頃って、おませな子は--って、「おませな子」ってもう死語? 小学生の5、6年にもなれば大人びた子は、親と一緒の買い物を恥ずかしがったりするものです。親よりも気兼ねない友達と自由に洋服などを選んだ方が楽しいですもんね。

でもね、私はそんな意気地もなくて、それも出来ませんでした。第一、大人の店員さんは友達と一緒でもやっぱり恐かったし、それに友達って、結構自分の買い物に夢中になったりして頼りにならなくないですか? 小学生なんかまだまだ子供だから、気分次第でどんな流れになっちゃうかちょっと心配じゃありません?

そんなこんなを考えて、私はある日突然、洋品店の生地売り場に行って生地を買ったのです。洋服を買うのにこんなに苦労するなら、自分で着る服くらい作っちゃえって。

ね、変わった子供でしょう? 私、小学生の5、6年生の頃から自分でミシンを踏んでいたんです。洋裁の本を買って、生地を買って、自分で型紙を作って、かたかたミシンを踏んでいたんです。あ、最初は足踏み式ね! 電動式は中学生になってから。足踏み式のミシンは元々家にあったんですよ。--って、こういうところは時代を感じずにはいられないですね。

生地売り場って、日曜日でも店員さんはウロウロしていないし、買い物客もあんまりいないんです。「どんなのが良いの?」なんて声をかけられる心配もなく、自由に心置きなく生地を選べるでしょう? 友達と一緒に行っても、お店に入るまでは一緒でも生地になんかそんな興味を示さないから、放っておいてくれるし。

ミシンを踏んで洋服を作るのも好きでした。子供の頃から手先が器用で、あれこれ自分なりに工夫しながら楽しんで作ったものです。後で考えると、そういう嗜好がこうじた結果、「手工芸」という分野で協力隊に参加することになるのです。そういう布石って、自然に幼い頃からできているものなのです、不思議ですね~。

それはともかく、母親は若い頃、秋田生まれの色白が自慢だったのです。それが娘に引き継がれなかったのが残念だったのかもしれません。

色が黒いどころか、常夏のマレイシアでガンガン日焼けした挙句、鼻の下に白斑まで作って帰国して。ああ、でもそれには全然気づかなかった。色黒の娘がいやで、顔もまともに見てなかったから? それはちょっと言い過ぎか。ひがみも入ってる? かもしれないですね~。

一番身近な人が、時には一番残酷になる--ってことかな。ま、そういうこともあります。
スポンサーサイト
【2008/01/29 10:00】 | 友達・恋愛・家族・人間関係 | コメント(2) |
<<白斑と両親 3 | ホーム | 白斑と両親 1>>
コメント
同感です!!!私の母も、人に私を恥ずかしめる様な事をよく言います。本当に傷つく。岩子さんのブログを読んで私が思っていたことを代弁してくれてる様に感じました。
【2008/03/06 10:14】 URL | Teddy #-[ 編集]
私は、自分が母親になったら、絶対に自分の子には同じ思いをさせたくない--って心に誓っていました。

ああでも、そんな誓いも今では無駄に終わりましたけど。残念~!
【2008/03/07 21:32】 URL | 岩子 #wAr0bsuE[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

プロフィール

岩子

Author:岩子
白斑歴は四半世紀! 水虫歴に至ってはおよそ半世紀!! 長~い、苦悩の日々からようやく開放されるのかぁ~!?

肥満・爪水虫・尋常性白斑の三重苦の体を張って、只今、治療経過報告中です。最近、白斑の治療過程で重度の貧血症が判明。晴れて四重苦となりました!?

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。